富士通コミュニケーションサービス(CSL)で働くすべてのみなさんのために、労働組合を作りました。

賃金が安い、一時金(賞与)が安い。上司やSV, LDがパワハラしてくる。残業が多い。自分にだけクレーム処理が押しつけられる。同意した覚えがないのに給与等級(バンド)の上げ下げが行われる。いくら働いてもキャリアアップにつながらない。人権ヘルプラインに相談したが何も変わらなかった…。

こんなご不満やご不安をお持ちではありませんか。私たちは個人加盟型労働組合『日本労働評議会』のCSL分会として活動しています。会社ときちんと向き合い、働く人たちと現場の状況を経営陣に伝え、会社に労働法を遵守させ、労働条件を向上するために奮闘しています。

労働組合は憲法、労働組合法の保護を受けて活動する団体です。労働組合に入ったことで会社が嫌がらせや不利益な取り扱いをすることは違法行為。組合に入って会社と話し合うことは、私たち働く人の大切な権利です。

何もしなければ、何も変わりません。私たちと一緒に、会社と話し合ってみませんか。